バイナリーオプションのコツを紹介します

バイナリーオプションはルールがわかりやすくて人気があるのはご存じですか?
近年最も勢いのある投資としてバイナリーオプションの人気がうなぎ上りになってきていますが、実際にやってみるとやはり取引が単純なところがウケていると感じます。
オプション取引の一種なので、仕組み自体は日経平均で経験済みという人も多いと思います。
しかし、普通のオプション取引はコールとプットに加えて買いと売りも絡んできて、頭がこんがらがるという経験が誰しもあるはずです。

ところがバイナリーオプションはもっと単純で、チャートで見てどう取引したいかということをそのまま注文に反映させやすいのです。
あの価格は超えそうだとか一定の範囲内に収まりそうだとか、そういった直感で稼ぐことができることもあり昔からあるスタンダードな投資を抑えて挑戦者が増えているのかもしれません。

それゆえに、バイナリーオプションで稼ぐのに必要なのは高性能なチャートといえます。
素早い判断でチャンスを自分のものにするのなら、経済の動向を気にするよりもパターンを追うほうが勝利の法則に近づけるからです。

バイナリーオプションは外国通貨取引です。
通貨の相場の変化を読むことによってお金を得ることが出来る方法です。
現在の相場に対して数分後の相場価格を予想してそれが的中したらお金が増えます。

相場の変化が今よりも高いか低いかを予想するだけの簡単な方法でお金を稼ぐことが出来ます。
しかし、勘だけで取り組むと失敗をしてしまいます。
まずは相場変化のグラフを読むことが出来る様になる必要があります。
相場変化のグラフを分析するときには数学の解析学が役に立ちます。解析をするという分野に特化した分野です。

要するにバイナリーオプションはギャンブルではなく、しっかりと勉強をした人が得をできる方法なのです。
勉強には時間がかかるかもしれません。ですがそれだけ勝ちを得ることが出来ます。
努力をすればするほど利益が増えるのがバイナリーオプションの面白いことなのかもしれません。
元手がたくさんあるとそれだけ楽になるとも言えます。

バイナリーオプションの基本としてまず、お伝えしたいことはバイナリーオプションとは、設定された条件を上回るか、下回るかを
二者択一で予測する金融商品です。
特徴として、24時間以内に清算される取引になるため、日々取引を重ねていく形になります。
株式投資やFXと比べて値動きが少ない場合でも、取引最大利益額と最大損失額を把握できるため、リスク管理をしやすい。
証券会社によって払い戻し率に差異があるため注意が必要。仕組みが分かりやすいため、比較的、はじめやすい取り組みやすい商品であるため、詐欺の業者があり、店舗も海外にあるため、情報リテラシーが必要になってきます。

ゲーム性が単純であるがゆえに、きちんと情報を集めリスク管理をし、学び続ける姿勢が大切になってきます。
バイナリーオプションを通して、市場の動向を分かり、値動きに対応する直感を磨き、得た利益で何に貢献できるかを考えながら、取引をはじめてみます。
今から投資生活がはじめて自分がどういう風に変わっていけるか楽しみです。
投資と聞くと何かものすごく難しい物を連想してしまいます。
しかしバイナリーオプションという投資、実は簡単に開始できます。
ルールは上記の通り為替相場が予想を上回るか下回るかの二者択一です。
実際にやっていることはカジノのギャンブルであるハイアンドローのようなことを行います。
お金をかけて投資を行うのです。そしてそれが成功したら、手数料を差し引いた金額が支払われます。
それを上手く利用することで多くのお金を手に入れることが可能になります。
為替相場の変動はグラフになって表示されます。
そうなのでそれを分析することができれば利益を上げることが出来る可能性が大きくなります。
一見、運だけのようなバイナリーオプションではありますが、分析という努力が効果的なのです。

バイナリ―オプションの業者選び

投資が気軽に出来るような時代になり、バイナリーオプションに興味を持つ人が増えてきました。
初心者が最初に戸惑うのはどの業者を使えばいいのかではないでしょうか。
国内、国外多くの業者が参入していますし、インターネットにも情報が多く、混乱してしまいます。

最初の、また最大の悩みごとは国内業者か海外業者かではないでしょうか。
国内業者を選ぶ最大のメリットは、安心感です。
すべての国内業者は金融庁登録業者なのでいざという場合の信託保全もばっちりですし、すべての業者で転売ができます。
ただ、使えるようになるまでの結構便利なクレジットカードでの入金ができませんし、通貨ペアや取引ルールが少ないので、機動力に欠けます。(投資的側面が強い)
一方、海外業者の最大のメリットは、ハイ・ローなど二者択一の投資方法なのでシンプルですし、クレジットカードに対応していたり、非常に短い時間の取引ができ、ギャンブル的な要素を楽しむことができます。

キャッシュバック等のサービスが豊富なのも魅力です。
その半面、金融庁の許認可を受けてない業者なので、安全、安心面では不安があります。
海外業者を使う場合には、安心して使える業者をきちんと選ぶ必要があります。
>>>バイナリーオプションの人気ランキングとバイナリー業者比較

国内と海外業者の口座を使い分けるとお得

バイナリーオプションは、投資商品のなかでも長期的よりは短期的に勝負するところがあまり手元のお金を長期的に投資したくない人にとってあっています。
外為オプションなど国内でも様々なバイナリーオプションが増えていて、口座開設するときにどうしたらベストなものを選べるのか迷ってしまいます。

しかも最近では海外業者なども旺盛で、よりダイナミックな投資をしたい人にはぴったりです。
では国内か海外かのどちらかを選ぶべきかですが、意外にも二つの口座開設もベストな選択肢です。
というのも国内業者と海外業者では、受けることができるメリットが違っています。

だからとちらかというとやはり偏った投資しかできないものです。
なのでどちらとものメリットを受けることができるように国内プラス海外どちらともの業者を使い分けることが大切なのです。
もちろん管理もその分大切になりますが投資をお小遣い以上にしたいのであればバイナリーオプションであっても口座の使い分けをしてみましょう。

バイナリーオプションに攻略法は存在するのか

相場の世界に攻略法なるものは存在しないのです。
ただ勝率を高める方法は個人的には存在すると確信しています。
実際に相場の世界で長年行き抜いてきている人物が存在している自体がその証拠です。

バイナリーオプションも然りです。
私は海外業者を使ってバイナリー取引をやっている特に好きなのがペイアウト2倍の取引です。
海外業者は怪しい会社もあるのでしっかりとライセンスを取得している業者を選ぶようにしましょう。

後はハイorローの1/2の勝負です。厳密には1/2の確立にはなっていないが取引時間を短くすればスプレッドは狭くなる、しかも為替相場は1秒単位で上や下へせわしなく動いています。
ほど1/2と考えていいと思います。
最低投資金額は3000円で3連勝した止めることをルールとしていますが、逆に3連敗しても止めるルールを作っています。
順調にいけばペイアウト2倍で3000円→6000円→12000円と一般人の私にとっては御の字です。
逆に3連敗しても損失9000円なので、上手に付き合えば決して怖くありません。このルールこそ個人的な攻略法で熱くなりすぎないことが一番のカギです。

バイナリーオプションは為替相場に関するオプション取引ですが、その簡単なシステムから誰にでも参加できる投資です。
例えばハイアンドローというようなバイナリーオプションの取引では為替の勉強をしないで、いわゆるヤマカンでも勝率は50%になります。

ただし、勝率が50%であってもペイアウトが200%でないと回数を重ねていくとマイナスになっていくことも確かです。
バイナリーオプションに継続的に勝利するためには経済を含む為替の勉強は欠かせませんが、自分なりのルールを持っていることも必須となります。
もちろん、運だけバイナリーオプションに勝利することができればそれに越したことはありませんが、実際に投資をしてい見ると初心者が二者択一でずっと勝ち続ける事は用意では無いのです。
経済や投資の勉強も継続的に必要です。
バイナリーオプションはギャンブルではありません。
ちゃんとした投資なのです。ですから常に経済や相場に目を光らせなければ勝ち続けるのは難しいでしょう。

ハイ・ローのドキドキ感はアドレナリン大放出

無機質に変わるドル/ユーロのレートを前に、僕の右手の人差し指がLOWボタンをクリックした。BET金額は3万円、払い戻し倍率1.8倍。
時刻は21:00ちょうど、1分後に3万円の1.8倍の5.4万円が手に入るか3万円損をするかの僕とっての大勝負。
これに勝てば今月は豪遊生活確定だ。彼女と高級ディナーと行こうではないか。そんな事を考えている中残り約50秒

手元のアナログ時計の秒針が刻々と一定のリズムで淡々と360度の円を描く中、同時に僕の心臓はバクバク状態。まるで合格発表を待つ受験生のようだ、タバコを持つ手が若干震えている。
私の合格番号はLOWだ!
頑張れ下がれ!頑張れ下がれ!たかが3万円されど3万円!死ぬ訳ではないがキューっと胸が締め付けられる感覚だ。
私の思いとは裏腹ににレートはBET開始時から1pips上空飛行中!
勘弁してくれ。脳裏に崖から落ちる自分が浮かんでくる。時計の残り15秒をさしている。

諦めるな!勝負はここから、たかが1pips!十分挽回可能地点。
勝負は第4コーナーを回った。

さぁ残り10秒。

競馬で言えば最後の叩きどころ。手のひらを大きくひろげ画面の前で下がれ下がれと心の中で大連呼。もうダメだ。見てられない残り5秒目を閉じる。

心の中で5秒数える。パッと目を開けた!結果は、、、
変わらず1pips上空を飛行して終わっていた。
あの興奮返して。アドレナリン出まくりの1分間。

市場が活発な時間を避けてバイナリーオプション

為替相場はランダムで動いているわけではないため、いつバイナリーオプションをやるかで勝ち組になるかどうかが変わってくると思います。
どちらかというと為替はトレンドパターンを読んで取引することが王道と言われているから夜中の取引が人気は高いです。
しかし私はあえて閑散相場こそが稼ぎ時と感じて午前や夕方あたりの時間帯にバイナリーオプションをしています。

その理由として、独自の特徴ともいえるpipsを無視していいという条件を利用できることと不規則な動きが少ない時間帯ということが大きいです。
閑散相場は毎日どの時間にくるかがおおよそ把握しやすいですし、綺麗なチャートパターンを形成しやすいこともあり未来の動きの予想が容易なのです。
そのポイントといえる箇所が、日本市場の前場が終わる少し前から後場開始あたりと、ロンドン市場開始1時間後くらいだと個人的には思っています。
利用する取引の判定方法はもちろんレンジタイプで、一定の周期を見ながら上限下限で逆張りのように購入すると成功率が高い気がします。

経済指標の発表を忘れてしまう初歩的なミス

経済指標は為替が大きく変動するポイントになる材料です。
そのため、バイナリーオプションでトレードする日は、経済指標の一覧を目にするようにしています。
しかし、時々経済指標のチェックを忘れてしまうことがあります。チェックを忘れた日に限って重要な指標が発表というパターンが多く、損をする原因になっています。

最もミスをしてしまったのはアメリカの雇用統計が発表される前にポジションを持ってしまったことです。
外出中でスマートフォンからトレードしていたところ、経済指標のチェックを忘れてしまい、チケットの価格も十分に見ていませんでした。

その後、満期の10分前にチャートを見てみると、私のポジションは損切りすらできない状態になっており、満期を迎える前にチャートを閉じました。
非常に初歩的なミスでの損ですが、これを何回かやってしまっています。運が良ければプラス収支になる可能性もありますが、ミスした上でのプラス収支に意味はないので気を付けています。